私の親、営業マンです。


年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得(医療介護CBニュース)

 米アムジェン社は6月1日、年2回皮下注射投与のRANKリガンド阻害薬Prolia(成分名=デノスマブ)が、骨折リスクが高い閉経後女性の骨粗鬆症治療薬として、米食品医薬品局(FDA)の承認を取得したと発表した。

 Proliaは、世界で初めて承認された破骨細胞の活性化に関係するRANKリガンドを阻害するヒトモノクローナル抗体で、日本では第一三共がフェーズ3試験を実施している。

 今回のFDA承認は、閉経後の女性骨粗鬆症患者7808人が参加した3年間のフェーズ3試験に基づく。それによると、Prolia投与群は、脊椎骨折、大腿骨頸部骨折、非脊椎骨折の相対リスクがプラセボ群に比べてそれぞれ68%、40%、20%減少したという。

 アムジェン社によると、米国では、ビスホスホネート系薬剤の経口投与療法を実施していた患者の約50%が、服薬を開始から1年以内に中止したとする研究がある。また、50歳以上の閉経後女性の骨粗鬆症患者の2人に1人が、その後骨折を経験すると推計されている。

 欧州では5月28日、閉経後女性の骨粗鬆症の治療と、前立腺がん患者のホルモン抑制療法に伴う骨量減少の治療の2つの適応で承認を取得した。


【関連記事】
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始
最主力の骨粗鬆症治療薬がけん引し、売上高微増―帝人
骨密度増加作用が向上した骨粗鬆症治療薬を承認申請
米FDA、バイオ骨粗鬆症治療薬の承認見送り
バイオ骨粗しょう症薬の承認を推奨―FDA諮問委

リンゴかじり「帰ってきたよ」=無事帰還の野口さん、手を振り(時事通信)
「要介護認定」などの見直し求める意見が続出―介護保険部会(医療介護CBニュース)
<鳩山首相辞任>世論のそっぽ響く 沖縄県民「当然だ」(毎日新聞)
「あーん」虫歯予防デー、カバも歯磨き 和歌山(産経新聞)
「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲(読売新聞)
[PR]
by ddk07qc8w9 | 2010-06-08 05:33

<< 警察官引きずり 容疑の男女逮捕...      自民、参院宮城で現職推薦へ(産... >>

営業マンも結構大変なんです。
by ddk07qc8w9
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧